千雨と蟻と小銃と 19-3


 土曜日、午後九時、近衛木乃香の部屋。
 そこには部屋の主である木乃香と綾瀬夕映の二人がいた。
 ネギ・スプリングフィールドと神楽坂明日菜はすでに図書館島に向かっており、今ごろはビバーグ予定地に着いているころだろう。
 同行しているのは、長谷川千雨の戦いを見たい古菲。
スポンサーサイト

千雨と蟻と小銃と 19-2


 皆が絶句したまま動き出さない。古菲だけが不思議そうに見ている。
「どうしたネ、なにかへんなこと言ったアルか?」
 古菲がネギに返答を求める。
 まだ誰も再起動をしない。彼女がこんなことを言うとは皆が皆信じられないのだ。
 そんな中綾瀬夕映は、これはチャンスだと思ってすぐに動き出した。

恋情奇譚 02


 今日から担任になるネギ・スプリングフィールドを蓮城志乃は疑念を持って見ていた。
 少し緊張した様子のネギはそんな中澱みなく自己紹介を行なっている。
 志乃は一人苦笑し、顔を少し右に向け、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェウルの様子も見ておくことにした。
 エヴァンジェリンは詰まらなそうにして頬杖をつきながらネギを見ていた。その時ドッと歓声が沸いた。
 ネギの自己紹介が終わったのだ。

千雨と蟻と小銃と 19-1


 金曜日、放課後。世界樹近くの広場。
 近衛木乃香とアナセスの巻き起こした野焼きの痕跡もまだ生々しく残る丘。ここにネギ・スプリングフィールド一行がいた。
 彼らは円を描いて座り、話し合いをしていた。
「エヴァちゃんもケチよね。連れて行ってくれてもいいじゃない」

千雨と蟻と小銃と 18-6


 人の賑わう麻帆良中等部女子寮。
 エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルのログハウスから開放された長谷川千雨は女子寮につくなり、ここに足を運んだ。
 時刻は七時を少し回っている。
 エヴァンジェリンの別荘で三食食事はとったが、その辺りも計算されていたのか、外にでても生活リズムが狂うことはなかった。

九十回更新をおこなって

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
明けましておめでとうございます。
うまく更新されていますでしょうか?
仲間内の行事で、これが更新されているころ、私は年を跨いでの初詣でにいっていて人込みにのまれていると思います。
最後に簡単ですが、コメント・拍手・ご意見ありがとうございました。
本年もどうかよろしくお願いします。

麻帆良外典 ~真・女神転生before~ Index

受胎編
第一章 悪魔召喚プログラム
Ⅰ 、 Ⅱ 、 Ⅲ 、 Ⅳ 、 Ⅴ 、 Ⅵ 、 Ⅶ 
第二章 学生寮変貌
Ⅰ 、 Ⅱ 、 Ⅲ 、 Ⅳ 、 Ⅴ 、 Ⅵ 、 Ⅶ 
第三章 潜入異界都市
Ⅰ 、 Ⅱ 、 Ⅲ 、 Ⅳ 、 Ⅴ 、 Ⅵ 




この小説はフィクションです
登場する人物、団体名は実在の物とは関係ありません。

麻帆良外典 ~真・女神転生before~ 受胎編 第一章ノⅠ



 第一章 悪魔召喚プログラムⅠ 夢現


千雨と蟻と小銃と 18-5


「つまらんことで時間を取らせよって」
 エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルがそう言いながら、食事を再開した。
 長谷川千雨も何と言っていいのか、わからないといった様相でグラスに口をつける。
 二人には答えが出ていた。
 なんのことはない。簡単なものだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。